jasa seo indonesia インドネシアSEO対策

jasa seo indonesia インドネシアSEO対策
jasa seo indonesia インドネシアSEO対策

簡単見積もりツール

新着情報

フォレストSEO対策の強み

フォレストが強みとしているSEO対策はコンサルティング型SEOサービスです。

貴社のサービスの強みを徹底的に理解した上で、コンテンツ提案・サイト内部の改善施策 を中心に、収益最大化に繋がるキーワード選定、外部リンク強化は勿論、アクセス解析、 ユーザビリティ改善、WEBマーケティング(リスティング、アフィリエイト、バナー、DSP) 等々、あらゆる角度から分析した上で、全体最適化したWEB戦略を構築しご提案をいたしま す。特にポータルサイトやECサイトなどを得意としており、システム関連を全体的に理解 したSEOコンサルタントが、WEBマーケティングも踏まえた上でアクセス解析を行います。
成長段階に合わせて総合的な戦略を立てるため、コンサルティング型SEOサービスをご利用 のお客様は、継続率が極めて高く事業規模が数十倍になった例も多々ございます。
また弊社が貴社のWEB事業部の一員として関わらせて頂くことで、時代に合わせて現在のWE B事業の転換や改善の提案はもちろん、新事業の展開についても迅速に深く携わらせて頂く ことが可能になります。

【フォレストのコンサルティング型SEOサービス】

お客様の声

株式会社ジェイオフィス猪口様の声

飲食専門のバイトサイトの企画から提案してもらい、サーバ選定・デザイン制作・システム構築だけでなく、SEO対策やリスティングなど集客の運用も総合的に依頼しています。親身な提案で費用対効果がよい施策が多いです

飲食バイト その他ロングテールワード

株式会社アントレ松田様の声

SEO経験10年以上の熟練したコンサルタントが、各ワードでの順位 アップは、御社サービスからコンテンツ追加提案や、サイトのユー ザビリティ改善を行い、毎月のレポートや定例でPDCAサイクル>を 報告し、短期だけでなく中長期で結果が出るロングテールSEOを提案」 「SEO経験10年 以上の熟練したコンサルタントが、各ワードでの順位 アップは、御社サービスからコンテンツ追加提案や、サイトのユー ザビリティ改善を行い、毎月のレポートや定例でPDCAサイクル>を 報告し、短期だけでなく中長期で結果が出るロングテールSEOを提案」

SEO成功実績

キーワードタイトル 順位タイトル
音楽ダウンロード その他ロングテールワード 順位1
自毛植毛 その他ロングテールワード 順位3

インドネシアについて

1.インドネシアの特徴

(1)国土

 面積約189.08万平方キロメートル(日本の約5倍)。約13,500の島々からなる世界最大の島嶼国家。東西約5,110キロメートル(米国の東西両海岸間の距離に匹敵)、南北約1,888キロメートル(赤道を挟む)に及ぶ。

(2)人口、種族

 約2.47億人(2012年)。中国、インド、米国に次いで世界第4位の人口。大半がマレー系(ジャワ、スンダ等約300種族に大別される)。総人口の約6割が、全国土面積の約7%に過ぎないジャワ島に集中している。

(3)宗教

 イスラム教88.1%、キリスト教9.3%、ヒンズー教1.8%ほか(宗教省(2010年))。世界最大のイスラム人口を有するが、イスラム教は国教ではない。

(4)国家政体

 共和制の下、33州から構成。国家元首は大統領(大統領は、国家元首であると共に行政府の長でもある)。現大統領は、スシロ・バンバン・ユドヨノ大統領(二期目: 2009年~2014年)。

 議会は、国会(DPR)(立法機能、国家予算作成機能、政府に対する監視機能)、及び地方代表議会(DPD)(地方自治等に関する法案の提言、審議への参加)がある。また、国会議員(560人)と地方代表議会議員 (132人)で構成される国民協議会(憲法の制定及び改正、大統領・副大統領の任期中の解任)がある。

2.最近の内政・社会動向

(1)ユドヨノ大統領は、2004年の政権発足後、治安対策、汚職撲滅、投資環境整備等に積極的に取り組み、2009年4月の総選挙では同大統領の基盤政党である民主党が約20%の得票率で第3党から第1党に躍進。同年7月の大統領選挙では、ユドヨノ大統領が約60%の得票率で再選され、10月、ユドヨノ第2期政権が発足(インドネシアの憲法上、大統領の3選はない。2014年に総選挙、大統領選挙が行われる)。
(2)2005年7月に鳥インフルエンザ感染による初のヒト死亡例が確認されており、2006年5月には、世界保健機関(WHO)は、北スマトラ州において「ヒトからヒトへ」の感染があった旨報告。WHOによれば、2014年3月24日までに感染例195件、うち死亡例163件が確認されている。
3.最近の経済動向

(1)インドネシア経済は、世界金融・経済危機の影響を受けた2009年も比較的高い4.6%の伸び率を達成し、その後2010年は6.2%、2011年は6.5%、2012年は6.3%という堅調な経済成長を達成。しかし、世界経済の成長鈍化や米国の金融緩和縮小等の影響を受け、2013年の成長率は5.8%と減速し、2009年以来4年ぶりに6%を下回った。
(2)失業率は、2006年には10%を超えていたが、2013年8月には、6.25%まで低下(中央統計局統計)。ただし、毎年250万人が新規に労働市場に参入すると試算されており、それを吸収する雇用を創出するためには年率6%以上の経済成長が必要とされている。
(3)2013年の外国直接投資(実現ベース)は前年比22.4%増の約286億ドルに達した。国内投資も前年比39%増の約136億ドルに達し、ともに過去最高値を記録。
(4)また、2011年5月、中長期的な経済政長を実現すべく、ユドヨノ大統領は、「経済開発加速・拡大マスタープラン(MP3EI)」を発表し、2025年には、世界の10大経済大国となる目標を掲げた。
4.治安情勢

(1)2002年10月12日、バリ島で爆弾テロ事件が発生(死者202名、負傷者300名以上。邦人2名が死亡し、複数名が負傷)。2002年11月、国家警察は、イスラム過激派組織「ジュマ・イスラミーヤ(JI)」の精神的指導者と言われるアブ・バカール・バアシールを逮捕(その後、2010年8月に再逮捕。)。また、国家警察本部は、バリ島爆弾事件の実行犯を含め、イマム・サムドラ、アムロジ等の容疑者を逮捕した。また、2003年3月、インテリジェンスの情報の裁判証拠としての採用、テロに関与した疑いのある人物の拘留(7日間)、テロ計画の犯罪化等を内容とする「テロ撲滅法」が成立した。
(2)その後も、2003年8月5日、ジャカルタの米系ホテル(マリオット・ホテル、死者12名、負傷者約150名)、2004年9月、ジャカルタの在インドネシア豪州大使館前(死者11名、負傷者約180名)、2005年10月1日夜、バリ島クタ地区及びジンバラン地区(死者23名、負傷者約140名)にても爆弾テロが発生。
(3)政府は国家警察内におけるテロ対策特殊部隊の設置(2003年10月)以降、テロリストの摘発・逮捕を行うなど取締りを継続(JI の首謀者アザハリ・フシン、ヌルディン・トップ、ドルマティン等の射殺。JIの臨時指導者であったザルカシ、軍事部門の長アブ・ドゥジャナ等の逮捕)。 2008年4月にはJIを禁止団体とした。しかしながら、その後も2009年7月に、JIによる犯行と見られる外資系ホテル(ジャカルタのマリオット・ホテル、リッツ・カールトン・ホテル)連続爆破テロ事件が発生(死者9名、負傷者約50人)。政府は2010年9月に大統領直轄の国家機関として国家テロ対策庁を設置し、テロ対策特殊部隊を国家警察長官直轄の執行部隊に改編し、国家テロ対策庁等関係機関との連携の強化を図ることとし、テロ対策に一層の力を入れる姿勢を示している。
(4)2011年9月には、中部ジャワ州ソロのキリスト教会において、自爆テロ事件が発生した(死者1名、負傷者20人以上)。また、小規模なテロが2012年以降、中部スラウェシ州ポソで頻発し、2013年6月には警察署で自爆テロが発生。近年、テロリストの主たる攻撃目標は警察官及び警察関連施設であり、欧米権益を目標としたとみられるテロは発生していない。その一方、ミャンマーのロヒンジャ問題を背景とする小規模なテロ事件及び同未遂事件(2013年8月の仏教寺院での爆弾爆発事件及び同年5月のミャンマー大使館爆弾投てき未遂事件)が発生し、新たな懸念材料となっている。
5.地方情勢(分離・独立の動きと政府の対応)

(1)アチェ問題

(ア)アチェにおいては、1976年以降約30年間にわたりインドネシアからの分離独立を目指す「独立アチェ運動(GAM)」と治安当局との間で衝突が続き、1998年のスハルト政権崩壊後、分離運動が活発化。
(イ)ユドヨノ政権になって、スマトラ沖大地震・津波からの復興という共通の目標に向け、GAMと政府の間で和平の機運が高まり、2005年1月、フィンランドのアーティサリ元大統領の仲介によりGAMとインドネシア政府との間で和平協議を実施し、8月15日には合意内容をまとめた覚書(ヘルシンキ和平合意)に署名が行われ、2005年末までにGAM部隊の動員解除、武器供出、インドネシア側増派部隊の撤退が完了した。
(ウ)アチェにおける特別自治のベースとなるアチェ統治法は、2006年7月に国会で可決され、2007年に第1回目のアチェ州地方首長選挙、第2回目の地方首長選挙が2012年4月に実施され、ザイニ・アブドゥラ元GAM代表が新知事に就任した。
(2)パプア問題

(ア)インドネシア独立(1945年)後も、西イリアンの帰属をめぐってオランダとインドネシアの間で対立が続く。現地では、インドネシアへの帰属を拒否し、独立を目指す住民が「自由パプア組織(OPM)」を結成し、60年代~70年代にかけて独立運動を展開。
(イ)1962年に国連での米国主導の調停を経て、西イリアンの行政権はオランダからインドネシアに移譲され、1969年の「住民代表」による投票の結果、同11月、インドネシアへの帰属が確定。1973年、西イリアンは、イリアン・ジャヤ州へ改称。
(ウ)1999年10月、イリアン・ジャヤ州を3分割する「パプア分割法」が成立。その後、イリアン・ジャヤ州議会をはじめ反対意見が強まり、政府(ワヒッド政権)は同法の施行を無期延期とした。
(エ)2002年1月、パプア州特別自治法が施行される。州名が「イリアン・ジャヤ州」から「パプア州」に変更。上記(ハ)のパプア分割法との関係を巡って混乱が生じた。
(オ)2003年1月、メガワティ大統領(当時)は、無期延期とされていた「パプア分割法」の実施促進を指示する大統領令を発出。パプア州分割の有効性に関する議論が再燃。同年2月、「西イリアン・ジャヤ州」の発足式が平穏に開催された一方で、8月、「中部イリアン・ジャヤ州」の発足に際し、分割賛成派及び反対派の住民の衝突が発生し、政府はパプア分割法の実施を延期。
(カ)2004年4月5日、西イリアン・ジャヤ州とパプア州(未分割の中部イリアン・ジャヤ州を含む)において総選挙が実施され、両州の州議会議員及び4名ずつの地方代表議会(DPD)議員が選出された。同年11月、パプア州政府が憲法裁判所に訴えていた西イリアン・ジャヤ州の合法性につき、同裁判所はパプア分割法を違憲とする一方、既に州政府等の統治体制が整っていることから、西イリアン・ジャヤ州についてはその存在を認めるという判決を下した。2007年4月、西イリアン・ジャヤ州の名称が「西パプア州」に変更。
(キ)パプア州及び西パプア州における分離独立を求める声は依然として続いており、プンチャック・ジャヤ県及びミミカ県周辺ではOPM(パプア分離独立運動グループ)と見られる武装集団が治安当局等を襲撃する事案が散発的に発生している。特にミミカ県においては、米国系鉱山企業フリーポート社との労使争議も続いており、独立派住民が関与しているとも言われる衝突等が治安当局との間で散発的に発生。2011年10月にはジャヤプラで「パプア・コングレス」が数千人の参加を得て開催され、「西パプア連邦」の独立を宣言し、独自の国旗を掲揚したため、治安当局に強制排除され、死傷者が発生した。
(ク)2013年1月にパプア州知事選が行われ、同4月、元民主党パプア支部長のルカス・エネンベ氏が知事に、元パプア州ミミカ県知事のクレメン・ティナル氏が副知事にそれぞれ就任した。州内では、依然として、パプア州プンチャック・ジャヤ県やミミカ県を中心に銃撃事件が発生している。
6.日・インドネシア関係

(1)政治

(ア)2006年11月、ユドヨノ大統領訪日時、「平和で繁栄する未来へ向けての戦略的パートナーシップ」に安倍総理(当時)と署名。地域及び世界の平和と安定のために協力することで一致した。
(イ)2011年6月、ユドヨノ大統領が訪日した際には、菅総理(当時)と外務大臣間の閣僚級戦略的対話、閣僚級経済協議、防衛大臣間の協議という3つの閣僚級の対話を定期的に実施することで一致した。また、ユドヨノ大統領は、訪日に際し、被災地(気仙沼市)を訪問し、被災住民を激励した。
(ウ)2012年6月にはG20サミットが行われたメキシコ・ロスガボスにおいて、及び9月には国連総会が行われたニューヨークにおいて、野田総理(当時)とユドヨノ大統領との間で首脳会談が行われ、両国の「戦略的パートナーシップ」が果たすべき役割はますます増大しているとの認識が共有された。
(エ)2013年1月、安倍総理就任後初の外国訪問としてインドネシアを訪問し、ユドヨノ大統領と首脳会談を実施。経済、政治・安全保障、交流の3分野で協力を推進し、「戦略的パートナーシップ」をさらに発展させることで一致した。同年10月、APEC首脳会議が行われたインドネシア・バリにて、首脳会談を実施。また同年12月には、日・ASEAN特別首脳会議出席のために訪日中のユドヨノ大統領と首脳会談を行った。
(オ)2011年2月に前原大臣(当時)、同年7月に松本大臣(当時)、同年10月に玄葉大臣(当時)がいずれもマルティ外相との間で外務大臣間の閣僚級戦略対話を実施した。同年11月にマルティ外相がホノルルAPECの途次に本邦に立ち寄った際にも、玄葉大臣(当時)と懇談している。2012年7月にはASEAN関連外相会議が行われたカンボジアにおいて、玄葉大臣(当時)とマルティ外相の間で外相会議が実施された。2013年2月及び10月に、岸田大臣とマルティ外相の間で日・インドネシア閣僚級戦略対話が行われた。2014年に入り、1月、3月及び4月に、岸田大臣とマルティ外相の間で、日・インドネシア外相会談が行われた。
(2)経済

 2010年10月、関係閣僚(日本側:前原大臣(当時)、大畠経産大臣(当時)、馬淵国交大臣(当時)、藤村厚労副大臣(当時)、インドネシア側:ハッタ経済担当調整大臣、マリ商業大臣(当時)、ヒダヤット工業大臣、ダルウィン・鉱物・エネルギー資源大臣(当時)、ギタ投資調整庁長官(当時))により、第1回閣僚級経済協議を実施した。2012年10月には、関係閣僚(日本側:玄葉大臣(当時)、枝野経産大臣(当時)、長安国交副大臣(当時)ほか、インドネシア側:ハッタ経済担当調整大臣、ヒダヤット工業大臣、マリ観光創造経済大臣ほか)により、第2回日・インドネシア閣僚級経済協議及びジャカルタ首都圏投資促進特別地域(MPA)第3回運営委員会が開催された。

(ア)貿易

(a)非石油・ガス部門だけでも、インドネシアにとって日本は輸出入の両面で最大の貿易国の一つであり、経済連携協定(EPA)も発効済み(下記 (ハ)参照)。2013年のインドネシアの対日輸出は2兆8,130億円で国別輸出総額第1位、対日輸入は1兆6,618億円(財務省貿易統計)で第3位であり、日本の大幅な輸入超。
(b)日本のインドネシアからの主な輸入品は、石油・液化天然ガス、石炭、鉱物資源、エビ、パルプ、繊維及び繊維製品、一般機械、電気機器等。他方、日本からインドネシアへの主な輸出品は、一般機械及び部品、プラスチック等化学製品、鉄鋼、電気機器、電子部品、輸送機械及び自動車部品。
(c)インドネシアは日本にとって重要なエネルギー供給国。
(注)日本のエネルギー輸入に占めるインドネシアの割合(2011年財務省貿易統計)
石炭:20%(第2位)、液化天然ガス:12%(第4位)
(d)インドネシアは、中東の石油、豪州の食料品などの産品を日本に運ぶ重要なルートに位置しており、日本の輸入石油の約9割がマラッカ海峡を通過している。
(イ)投資

(a)日本からインドネシアへの民間直接投資については、2013年は実現ベースで47億ドル(前年比91%増)で、第1位であった。(投資調整庁)
(b)これらの直接投資により設立されたインドネシアにおける日系企業は約1,300社近くに上る。
(c)2010年12月、「首都圏投資促進特別地域(MPA)」の協力覚書に署名し、両国で協力して投資環境整備、インフラ整備を行うことで一致し、2011年3月に第1回、同年9月に第2回、2012年10月に第3回、2013年12月に第4回の運営委員会を開催した。
(ウ)日インドネシア経済連携協定(EPA)

 日インドネシアEPAについては、2005年6月のユドヨノ大統領訪日の際に正式交渉立上げを決定。2007年8月の安倍総理(当時)のインドネシア訪問時に首脳間で署名、2008年7月1日に発効。これまでに鉄鋼及び自動車等の貿易額増に寄与している。また、本EPAにより、2013年までに84名の看護師候補生と167名の介護福祉士候補者が日本の国家試験に合格。日本の病院や介護施設等に勤務している。

(3)経済協力

 日本は長年に亘りインドネシアに対する最大の政府開発援助(ODA)供与国。2012年の援助実績は、有償資金協力154.9億円、無償資金協力60.97億円(以上、交換公文ベース)、技術協力61.68億円(JICA経費実績ベース)。